「人間は地球にとってのガン細胞」

誤解を招かないように「シャンプーについて」補足
なぜ??今シャンプーについてblog書いているかと言えば〜
各大手美容メーカーから「オーガニック」「エコ」「ノンシリコン」などのシャンプー&トリートメントが新発売「時代が求めているもの」なのは確かですが‥‥ただメーカーの戦略に乗るのも?なので

マニアックな内容になりすぎない程度に(笑)
ラウレス硫酸Naについては現在は植物由来のものが大半です。
一部のオーガニックをうたっている商品や美容室専売品にも使用されています!!
まず、国内メーカーのものであれば問題ないと思います。(確証はないけどメーカーも馬鹿ではないので)一方アミノ酸系のシャンプーだって皮膚にかゆみを感じる方も…‥

(その1)実験、検査データーや数値??噂や風評。
シャンプーをシャンプーとして普通に使えば大丈夫だと思うよ(飲んだり、体中に塗りたくって放置したりしなければ/苦笑)

(その2)髪や爪には有害物質が蓄積する!!
日頃、口にする食品や水そして空気には、故意にでなくも有害とされる物質がありそれが体内に。多くは尿や汗として体外にでるが分解されなかったものは髪や爪に(毒物事件や麻薬事件などでよく聞く話もその例)皮膚などから吸収したものは分解されづらいというが‥‥皮膚や髪からそんなに吸収できるのか??

(その3)髪と頭皮という視点から考えると相反する場合もある。
例)髪には優しいが頭皮にはもの足りない 
  頭皮はスッキリするが髪がパサつく
  環境や頭皮には優しいが髪がパサつくetc

        シャンプー=頭皮の汚れを取るもの
      トリートメント=髪のダメージを修復するもの
コンディショナー(リンス)=髪の表面を保護するもの

※髪や頭皮に優しいシャンプーはあるけど本来シャンプー自体が髪に良いわけではない(そう言った製品もあるが)

(その4)髪は死んだ細胞!?
髪は頭皮の中、毛根で作られ伸びていく〜つまり毛穴からでた状態の「髪」の表面に傷ができてもキューティクル自体は再生しない(皮膚はターンオーバーがあるけど)
※トリートメントで髪の内部ダメージを修復、再生できたとしても外部ダメージは修復、再生しない。

最後にコレはあくまで個人的な見解です。他の意見や考え方を否定するものではありません。
また商品や成分についても個人差はあると思うので保証できません、ご理解ください。




[PR]

by number-6nine | 2009-10-25 16:53  

<< ヘン顔 (クラシック+クール)÷キュート= >>