color 2

今日は営業後A社のFさんにご足労いただき、カラーの講習をしていただきました。
e0169150_21124360.jpg

モデルは自分です(苦笑)
e0169150_21122286.jpg

『カラーの落とし穴』
ロハス、アンチエージングなどとともに注目されるキーワード「オーガニック」

カラーへの3大不満
傷む
臭う
しみる

オーガニックカラーの代名詞「へナカラー」長所もたくさんありますが短所も…
100%オーガニックでは黒い髪を明るくすることはできません。
また白髪もへナの場合オレンジにはなるが染まりにくく、時間がかかる
独特の強いハーブ臭が残る
またパーマがかかりにくくなるなど
さらに注意!!
一部のへナ商材にはジアミン色素を混入したものもある。

一般的にアレルギー反応はコノ「ジアミン」が主な原因とされています。

S社の某カラー
「85%自然由来成分使用
 合成香料、シリコーン、パラフィン(鉱物油)、パラベン不使用
 低アンモニア処方で刺激臭を軽減
 無香料」
カラーの頭皮にしみる原因のアルカリ・・・
アレルギーの原因となるジアミン・・・
ツンとした臭いがいやなアンモニア・・・
普通のカラー剤に比べたらとても低量だということですが、入っていることは入っています。


R社の某カラー
「アルカリを使っていない。
 合成の感触剤・防腐剤・着色剤・界面活性剤など髪に負担がかかる成分不使用
 医薬部外品として許可
 カラーリングと同時に頭皮改善・毛髪改善ができる」
色みのバリエーションが少なく弱い、S社同様ジアミンを数パーセント含有


あなたは何を重要視しますか???

当店のカラーコンセプト

「頭皮、髪への負担の軽減」
「ヘアケア効果」
「鮮やかな発色と褪色の軽減」

をベースに

お客様の声に答えられる新たなカラーを
[PR]

by number-6nine | 2011-01-18 21:13 | インフォメーション  

<< 春が待ち遠しい 路面凍結 >>